G5 Photo Gallery
2007年撮影 2008年撮影 2009年撮影 2010年撮影 2011年撮影
H O M E
ずいぶんと前から日本で一番高い山「富士山」に登りたいと思っていた。
しかし登山経験のないおとっつぁんが一人で行けるようなところではない。
ある日のこと。いつもの飲み屋で飲んでいると、同僚がその霊峰富士へ登ると言っている。こりゃチャンスだ。
頼む!なぁ頼むからこのおとっつぁんも連れて行ってくれ
それから数日後、富士山が世界遺産に登録された。そして7月21日から22日にかけて登ることになったのである。

バスで梅田を7時30分に出発。富士スバルラインを通って夕方に五合目へ着いた。身支度を整え17時に徒歩で山頂を目指す。途中で何度か休憩をとりながら22時ごろに八合目へ到達した。ここにある山小屋で小休止なんだが、一応仮眠がとれるものの、おそろしいぐらい狭い空間に詰め込まれ息苦しいのであった。

再び登山開始となったのは日付が変わった1時30分。少し雨が降っており寒い。登山ガイドがおとっつぁんの軽装を見て心配なのか声をかけてきた。「その服は水を通さないのか?山頂でずぶ濡れになったら悲惨やで」と。しかし
今着ている服以外になにもないからどうしようもないのだ。

予想はしていたが登山道は山頂を目指す人が数珠つなぎとなっていた。なかなか前へ進まないが、一気に登ると高山病になるかもしれないから丁度いいのかも。うーんっ、しかしすごい人出だな。

ヘッドライトで遠くを照らすと濃い霧が足早に流れ去っているようだ。やはり天気は悪いのだろうか?時刻は4時ごろだったと思う。ツアーの集団 (なぜか
チーム名ビリーという) が止まった。すると山頂に到達したと登山ガイドがいきなり言うではないか。えっ?もう着いたんかよ。なんか周囲が真っ暗なんで「やった!」というような気分にならない。でも山頂なのだ。

神社でお守りを買って缶ビールを一本飲んだ。
ご来光を拝みながら日本最高峰で飲むビールはこれまた格別なもんである。
来てよかった
富 士 山
11/4 霧の伯備線
http://uoya-yaoya080320.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-99de.html