寝台特急「出雲」
寝台特急「出雲」乗車と三江線の旅
 2005年12月16日の朝刊には”寝台特急「出雲」廃止へ”という記事が掲載されていた。噂が現実となった瞬間であった。今年の春からDD51が牽引する「出雲」を追いかけて早いもので7ヶ月が過ぎていた。この記事は私にとって正直かなりショックな報道であった。特に廃止になることを前提に写真を撮っていたわけではなく、カッコいいから追いかけていたので、来年の夏至の季節に但馬路を行く「出雲」が見られなくなるのはとても残念なことです。
 そんな記事を見たことに影響されたこと、また間もなく冬至であったり、今年は例年になく12月での降雪が記録的となっており、写真を撮りに行くチャンスが全くない状態でしたので、撮る機会がないのであれば、乗るしかないと思い、かねてから計画していた「出雲」の昼寝をやることにしました。昼寝とは寝台列車の夜行区間以外を立席特急券で乗車することを言います。下りの「出雲」では香住から出雲市まで、上りでは出雲市から鳥取までがそれに該当する区間となります。今回は下りの鳥取から昼寝をすることにしました。そしてせっかく出雲市まで行くのですから、まだ乗ったことのない日本屈指のローカル線「三江線」にも乗車しようと思いました。
2005年12月18日(日)
 鳥取までの乗車券を購入し、加古川駅18時08分発の各駅停車上郡行きに乗車しました。智頭急行の乗換駅上郡駅まで221系電車で46分の旅の始まりです。この週末から日本列島は厳しい寒波に見舞われており、この上郡行きも米原付近の雪害で少々遅れていました。
 上郡駅で智頭急行の各駅停車に乗り換え、智頭を目指しますが先発の「スーパーはくと」が遅れており、この先、無事に鳥取までたどり着けるか心配になってきました。

上郡駅に停車中の智頭急行
 智頭急行線内では案の定、全ての交換する列車が遅れており、私の乗車している智頭行きの列車も次第に遅れてきました。挙句の果てに大原駅で後続の「スーパーいなば」を先に通すことになりました。おいおい、智頭での乗り換えは大丈夫かと思っていたら、車掌さんが「スーパーいなば」に乗って智頭まで行って下さいとのこと。ラッキーや!初めてキハ187系に乗れるがな。期待して乗り込んだ「スーパーいなば」は新しい車輌でいいんですが、第一印象は安っぽい造りという感じでした。特に室内の遮音が悪いのか、馬力の大きいエンジンの特性なのか、非常にエンジン音がうるさく聞こえる印象でした。
智頭駅に到着した「スーパーいなば9号」
 智頭駅からキハ47の登場です。たらこ色ではなく、何かわけの判らんイラストが描いてある車輌でした。2両編成のワンマン運転で、笑えたのはテープによる車内放送で「市街地や踏切では付近の迷惑になるのでトイレを使用しないで下さい」と言っていた。ん?今時、垂れ流しのトイレを持つ車輌があるんかいな!ビックリでもあり、また走行中に踏切がいつ現れるかなんか乗客はわからんで。
 しかし黄金垂れ流し列車は無事に私を鳥取まで運んでくれ、本日の宿には22時ごろチェックインすることが出来ました。

2005年12月19日(月)
 宿から外の景色を見たら雪がチラチラ降っていた。昨晩は雪おこしの雷が鳴っていたもんな。7時30分ごろに宿を出て鳥取駅に向かった。今日はこの鳥取駅から3レ「出雲」に乗車するのである。改札の出発案内には「出雲」の表示が出ていたが、切符を買う際、運行状況を駅員に訪ねたところ、やはり昨夜の雪の影響で「出雲」は1時間遅れの運転であった。さらに悪いことに餘部の強風で抑止がかかっているとのこと。気長に待つしかないか・・・。
 
 やっと来ました!憧れの寝台特急「出雲」が鳥取駅1番線に入線してきました。やはりDD51のスカート周辺には雪がはりついており、B寒地仕様らしい顔つきとなっています。今日は1187号機が銀文字のヘッドマークを掲げて牽引しております。
 「出雲」は鳥取駅を1時間13分遅れて発車しました。立席特急券で乗車できるのは3号車、4号車なんですが、この元食堂車で現在はフリースペースとして連結されている5号車のオシ24に乗車することにしました。この5号車には私以外の乗客は1人しかいませんでした。これが厳しい現実なんですかね。他の車輌も殆ど乗客が数人といった感じでした。
智頭駅で発車を待つ鳥取行き普通列車
鳥取駅に到着する「出雲」
5号車オシ24の車内
車内補充券には金額の下に3という数字があり、3列車「出雲」の証ですね。
山陰本線を行く「出雲」の車窓はまさしく冬の日本海であった。鳥取を出た頃は雪が降っていたが、米子のあたりでは晴れ間も見えてきた。遠くに風力発電の大きなプロペラが勢いよく廻っている。24系客車の「カタンカタンカタン」という軽快なジョイント音と、時おり聞こえてくるDD51の甲高いホイッスルが鉄道での旅を実感させてくれる。至福の時間がゆっくりと過ぎていきました。
←出雲市
東京→
DD51
1187
カニ24
110
オロネ25
オハネ25
224
オハネ25
145
オハネフ25
126
オシ24
701
オハネ25
221
オハネ25
35
オハネフ25
122
雪が舞う倉吉駅に到着した「出雲」です。高速化された山陰本線において遅れて運転している「出雲」の足の遅さがどうも邪魔のようであり、ここ倉吉駅では3番線に退避して特急「スーパーおき3号」に道を譲る。この先の松江駅でも特急「スーパーやくも5号」に抜かれてしまう。しかし寝台特急の旅は慌てないのであります。
すでに2時間近くの遅れで運転している「出雲」を松江駅で下車しました。終点の出雲市駅まで行きたかったのですが、この調子だと出雲市駅で浜田行きの列車に間に合いそうもないので、泣く泣く隣のホームに入って来た特急「スーパーやくも5号」に乗り換えました。
 三江線は島根県の江津と広島県の三次を結ぶ全長108.1kmのローカル線です。キハ120型の小さな気動車が1両で運行しており、写真の時刻表にあるよう1日の列車は6本で、三次まで行ける列車はなんと3本しかありません。凄まじい!今日は15時07分発の三次行きに乗ります。
 列車はほぼ定刻に発車しました。江の川に沿って南下する列車からは山村の景色が見られましたが、なぜか廃屋が目立ってありました。過疎化の一途なんでしょうが、冬の季節ということもあり、とても寂しい光景でした。
 線路は30km制限が多く、列車はソロリソロリと三次を目指します。
 橋の上にある駅で有名な宇都井駅に列車は停車しました。高校生が1名下車する時、運転士さんが「足元に注意しなさいよ」と声を掛けていたのが印象的でした。この辺りは新しく線路が敷設されたのか、さっきまでの30km制限がウソのように、車両の最高速度で飛ばしていました。
 列車は雪の遅延もなく定刻の18時12分に三次に到着しました。なんと3時間以上かかっています。恐るべし三江線!
 三次から福塩線に乗り福山まで戻ってきました。このまま在来線で帰れば、本日中に自宅へたどり着けないので新幹線に乗ります。そういえばこの0系新幹線も懐かしいよな。今では山陽新幹線の「こだま」にしか使われていないそうです。
 新幹線で福山から姫路まで1時間かからないんですね!びっくりです。今朝は「出雲」で急がない旅をして、108.1kmの三江線を3時間かけて移動し、最後は新幹線で急ぐ旅をする。それぞれに特色のある鉄道旅行ができてとても良かったです。
2005年12月
岡山駅に停車中の「こだま684号」
寝台特急「出雲」
TOP
鉄道旅行紀 TOP