旧型客車
旧型客車にはホーローサボがよく似合う。管理局によって個性あるデザインのサボが遠くに来たことを実感させてくれる。残念ながらナハフ11は休車中のためサボはないが、かつては大阪行や福知山行の青サボをぶら下げて山陰本線を行き来していたことだろう。
ドア、窓からは乗客の体がニョキニョキ! 今では到底考えられない光景でしょう。4両の短い旧客は海水浴客などで満員御礼の状態で国府駅を発車して行った。
国府駅に停車中の浜坂行に連結されたオハニ36.デッキから漏れる白熱球の明かりが旅情を誘う。
ガシャンという連結器の音とともに静かに走り出す旧型客車。左の写真は餘部駅を発車する下り列車。右の写真は大阪駅に到着した福知山線の列車で、人気の無いホームで宮原への回送を待つ。
これはもう旧型を通り越して古典的な客車です。サボには別府港−土山と書かれています。そうです、別府鉄道のハフ7という2軸のプラレールみたいな可愛い客車なんです。スポーク車輪に板バネの下回りは貨車と同じで、乗り心地ときたら、レールの継ぎ目ごとに突き上げるような振動が快感でした。こんな客車にもう一度、乗ってみたいものですね。
別府鉄道 別府港駅