房総半島一周の旅
会社で上司より東京での研修があるが行かないかと言われ、二つ返事で「ハイ、お願いします」と笑顔で答えた。すでに頭の中では関東周辺の未乗線区をどうして乗ろうかと考え始めているのであった。
平成18年7月4日は通常勤務で会社に出社したが、会議が思いのほか長引いてしまい慌てて事務所を出ることになった。
三宮20:37発の3530M新快速で米原まで行きます。米原着が22:22で約2時間の乗車です。米原から22:33発の242F大垣行きに乗り換えここからはJR東海のエリアとなり、313系電車の登場です。
大垣で今晩の夜食とアルコールをと思い駅前に出るが、コンビニなどは見当たらず結局食料飲料はなにも調達することができなかった。
大垣からは久しぶりに乗る「大垣夜行」です。大垣を23:19に出発して東京に4:42に到着します。現在は「ムーンライトながら」と愛称名が付けられ、車両も特急型の373系となり豪華な夜行鈍行ですが、一昔前は165系が使われていました。写真は大垣駅で発車を待つ「ムーンライトながら」です。やはり特急用車両は静かでイイですね。
東京から山手線の始発で上野まで行き、上野からは常磐線を行く415系電車に乗ります。5:09発321Mいわき行は当たり前ですけど早朝ということでガラガラでした。この列車で我孫子まで行きます。途中柏駅を通りますが、会社に入社した当時の研修寮が柏にあったので車窓はとても懐かしい光景です。我孫子には5:42に到着しました。
我孫子からは成田線に乗車します。エメラルドグリーンの103系電車が来るかなと思っていましたが、JR東日本のスタンダード顔をしたE231系でした。もう103系はいないようですね。我孫子を6:07に出発した823Mは成田線の各駅に停車しながら6:53に成田へ到着します。
成田から7:28発の427M銚子行に乗り換えます。そういえば昨日から何も食べていないので、成田駅で駅ソバでも食おうかと思っていたが、ありゃ何もないがな!
空腹のまま銚子行は佐原へ向います。久しぶりに乗る113系電車のMT54モーター音に感激しながら電車は8:02に佐原へ着きました。
ここから鹿島線に乗り換えです。佐原駅の0番線から電車は発車します。この0番線というのは全国でもそんなにあるわけでもなく、珍しいですね。このホームより8:14発の鹿島神宮行電車に乗ります。
鹿島線は高架と盛土で建設された高規格の路線で、沿線は見事なまでの田園地帯です。途中には北浦という大きな湖を渡る長い橋梁があります。
鹿島線を往復して、佐原より10:10発の銚子行の2435Mで銚子に向います。この辺りから雨が降ってきました。雨が降ってきた影響でこの電車は加速時に空転を始めました。モーター音が大きくなり、あれ加速ノッチを落とさないのかなと思っていたのですが、どんどんモーターは勢いをつけて回転しています。やばいなと思った矢先にドンという音とともに停電してしまいました。たぶん断路器が動作したんでしょう。この運転手は電流計を見て運転しとるんかいな。はっきり言ってアホやで。まぁしばらくして停電も復帰し、なんとか銚子に10:58定刻に到着することができました。写真は佐原駅に停車中の鹿島神宮行きの普通列車です。
大垣駅に停車中の「ムーンライトながら」
上野駅に停車中の321Mいわlき行
我孫子駅に停車中の823M
空腹も限界に達しています。銚子ですからやはり魚がおいしいと考えるのは当たり前ですよね。旨い魚を探して駅前に出てみると、一軒の食堂がありました。若松という店ですが、おまかせ刺身定食1200円がオススメと言うことでそれを注文。出てきたのは鰯や金目の刺身が入った8種盛りの豪華版で、いずれもまことに旨いではありませんか。もうこうなれば逆上ぎみに生ビールを2杯も飲んでしまいました。この銚子には醤油工場があるため、海の匂いよりも大豆の匂いが漂う街でしたよ。
佐原駅に停車中の鹿島神宮行527M
旨い魚も食え、腹も一杯になりご満悦で銚子から11:58発の列車に乗ります。この列車は成東より特急となる1010M「しおさい10号」で初めて見る車両です。なんか歌舞伎役者みたいな顔をした車両は黄色が鮮やかですね。でも形式は判りません。車内は下校中の高校生で賑わっていました。成東には12:55に到着です。
銚子駅に停車中の1010M普通列車
成東から13:48発の東金線普通列車1646Mで大網へ行きます。大網から外房線に乗車です。大網14:09発265Mで上総一ノ宮へ行きます。上総を「かずさ」とは読めないですよね。これに対し下総はなんと「しもうさ」と言います。この二つの旧国名は難読です。
上総一ノ宮から15:05発の267M安房鴨川行きに乗り換えます。この電車はよく空いています、と言うより私しか乗っていない状況です。外の雨はかなり強くなってきています。安房鴨川では2分の接続で16:20発の1128Mに乗り換えです。ここから内房線となります。
大雨と強風の影響でこの1128Mはなんと徐行運転をすることになりました。おいおいそんなにゆっくりと行ったら久留里線に間に合わんがな!しかし電車は私の心配をよそに徐行で進みます。この辺りは海岸線を走っておりますが、景色は雨に煙っており蒼い海を見ることが出来ず残念でした。途中の竹岡で徐行は解除されましたが、かなり遅れているようです。
上総一ノ宮に到着した265M
木更津からの久留里線になんとか間に合いました。18:22発の945Dはなんと気動車ではありませんか。それもキハ30で非冷房車すよ。おそらくこの形式は日本国内で久留里線だけにしか残っていないと思われます。しかしこのカラーはなんとかならんのかな。昔のタラコ色のほうが落着いており、いい感じがすると思うのですが。
久留里線は終点の上総亀山まで32.2kmあり19:30に到着しました。折り返し列車は20:44発までありません。
木更津に停車中の945D
次の列車まで時間があるので晩飯でもと思って駅前にでると、ありゃりゃ真っ暗でなんにもないがな!この時の絶望感はなんとも言いようがありません。再びホームに戻り、車内に入ります。冷房のない車内は扇風機がガンガンに回っており、むなしさを感じました。ロングシートで横になりふて寝です。
やっと発車時間になりました。久留里線上り最終列車952Dは空腹の乗客1名(本当に私だけでした)をのせて木更津に向います。
木更津から22:01発の1150Mで蘇我まで行き、蘇我より今日の宿泊先がある千葉みなとへ京葉線の電車で行きます。
ホテルには23時ごろにチェックイン、さすがに疲れました。明日の研修は11:50に集合ですから、午前中に今日乗れなかった総武本線の一部に乗ります。
今回の旅はなかなか効率よく房総半島のJR線を全線乗ることができました。あとは佐倉〜成田空港の23.9kmと第3セクターとなった旧木原線であるいすみ鉄道を残すだけです。
駅前になにもない上総亀山駅と寂しい952Dの車内
鉄道旅行紀 TOP