尻手駅から浜川崎駅に向う始発電車は2両編成のワンマンカーでした
東京近郊路線乗車記
いつもの大垣夜行
2月13日(火)は大阪で教育があり18時まで拘束されました。その教育が終わって先輩方と一杯やった後、大阪駅を後にして大垣駅に向います。やはり東京で乗りつぶしをする時は早朝に上京する大垣夜行が効率的に行動できるので今回も利用します。
2007年2月13日
大阪 20:00  3522M新快速          米原 21:22
米原 21:54  2366F新快速          大垣 22:25
大垣 23:19  390M快速「ムーンライトながら」 川崎  4:26
2007年2月14日
暖かい今年の冬
快速「ムーンライトながら」は定刻で夜明け前の川崎へ到着しました。時刻は4時26分で当然ながら真っ暗です。ここから南武線に乗換え尻手駅に向います。「しりて」ではなく「しって」と言うんですね。南武線は尻手〜浜川崎4.1kmの支線を抱える難儀な路線のため、わざわざ尻手で乗換えが必要となります。しかし2月の早朝とは思えないぐらい暖かく、ホームで列車を待つ身も楽です。
川崎  4:49  南武線   尻手  4:52
尻手  5:15  南武線   浜川崎 5:22
浜川崎 5:25  南武線   尻手  5:32
尻手  5:33  南武線   立川  6:24
立川  6:32  中央本線  八王子 6:45


都会に珍しい単線路線
昔は相模線にも支線がありました。寒川〜西寒川間の1.5kmが存在していたのですが1984年3月に廃線となっています。現在は橋本〜茅ヶ崎の33.3kmで営業しており電化もされていますがなんと単線なんですね。ラッシュ時に乗ったせいか到着する駅ごとに列車交換をしていました。
八王子 6:48  横浜線    橋本  7:00
橋本  7:09  相模線   茅ヶ崎 8:13
茅ヶ崎 8:23  326M  大船  8:37
茅ヶ崎駅に到着した相模線電車
大船から横須賀線の電車に乗り久里浜へ行きます。雨降る鎌倉を通って軍港の横須賀を横目に終点を目指します。ラッシュも過ぎ車内はまばらな乗客数となり、のんびりした雰囲気がイイ感じです。
軍艦の見える横須賀へ
大船  8:43  2648F  逗子  8:55
逗子  9:08  682F   久里浜 9:28
久里浜 9:30  944S   横浜  10:22
逗子駅に到着する久里浜行き普通電車
横須賀線の終点久里浜駅
横須賀線の田浦駅はホームとトンネルがひっついている駅です。そしてホームが短いため久里浜行きの電車はなんと先頭車両がトンネンの中まで食込んで停車します。もっともその車両のドアは開きませんが・・・。
仕事で東京に行く機会に恵まれました。よしよし、東京近郊路線を乗りつぶすまたとないチャンスです。なにせ往復の旅費は会社持ちですよ!さーて、どのようにして効率よく乗ろうかな・・・。
横浜から横浜線に乗換え再び八王子を目指します。東京近郊路線でありますから通勤型電車のロングシートばかりで全く楽しくありません。そして当たり前ですが車窓もありふれた風景が流れていきます。正直言ってドキドキ感のない旅が続きます。
つまらないロングシート
八王子駅に到着した横浜線の電車
八高線の高麗川駅まで乗車する電車
横浜  10:34  横浜線快速  八王子 11:23
八王子 12:00  1273E  高麗川 12:43
八王子から高崎に至る八高線は高麗川駅を境に路線の性格がガラッと変わります。それは運行する車両が八王子から高麗川がロングシート通勤型電車、それに対しその先を高崎までがクロスシートの気動車となるためです。沿線の風景もローカル色が濃くなり楽しい旅となりますね。
気動車の登場
高崎駅に到着した八高線の気動車
八高線の車窓に流れるのどかな風景
高麗川 13:02  239D  高崎  14:30
高崎  14:50  238D  高麗川 16:18
秩父鉄道への乗換駅である寄居駅で貨物列車を見つけました。デキ505という青い機関車は1980年製のB−B機関車で石灰岩を満載した貨車を従えていました。
八高線を高崎から高麗川まで戻り、今度は川越線に乗車します。川越駅で電車を乗換え、埼京線直通の新宿行電車に乗ればあっという間に都心へ行くことができるんですね。さてこの後は神田にでも行って本社に勤務する同僚と一杯やるかな?
埼京線で都心へ一直線
高麗川駅に停車中の川越行電車
高麗川 16:32  1668H   川越 16:51
川越  16:52  埼京線快速   新宿 17:40
新宿  17:42  中央本線快速  神田 17:53
2月16日へ