のどかな風景が車窓に広がります。ちょうど田植えが終わったようですね。
キティサンダルも真面目に学校へ行き静かになった烏山線の車内。ロングシートが気に入らんな。
新 緑 萌 え る ロ ー カ ル 線 の 旅
烏山線  両毛線  わたらせ渓谷鐡道
2007年5月21日(月)
大垣夜行で上京
突然ではありますが仕事で東京に行くことになりました。当然ながら関東に残る未乗線区を踏破する計画で上京することは言うまでもありませんね。現在第三セクター化された旧国鉄線を含む3線区が残っており、今回の出張で一気に片付けてしまう予定です。いつもの大垣夜行「ムーンライトながら」を利用して定刻の5:05に東京駅のホームへ降り立ちました。
安くて旨い駅ソバ
上野から東北本線の列車に乗り宇都宮まで行きます。烏山線の起点は二つ先の宝積寺ですが次の列車はこの宇都宮始発のためここで乗換えます。時刻は7時半をまわったころで37分の待合わせを利用して朝飯を食うことにします。いい具合に駅そば屋がホーム階段下で営んでいるではありませんか。天ぷらそば¥350を注文すると分厚い天ぷらがのったそばが出てきました。それに麺も多くなかなか旨いそばでしたね。野州とは「やしゅう」といい旧国名下野国の略称で栃木県を指すそうです。
学生で賑わう烏山線
宇都宮8:05発の気動車で烏山線20.4Kmを乗車します。宇都宮発車時は比較的空いていた車内も東北本線から分岐する宝積寺では地元の学生で満員となりました。どこのローカル線もそうなんですが利用客はもっぱら朝夕の学生と昼間の年寄り、そしてたまに来る私みたいな鉄道ファンだけなんですね。しかし宝積寺から乗ってきた男子学生の足元をみて目が点になりました。なんと健康サンダル履きですよ!!さらにそのサンダルにはキティちゃんの絵が描いてあるではないですか・・・。どうにも理解に苦しむ格好をしたその学生の姿を記念に撮りたかったのですがキレられると怖いので止めときました。
あやかりたい駅名
終点の烏山までは50分の乗車です。いわゆる盲腸線の行き止まり路線ですので同じ車両に乗って今来た線路を引き返して行きます。烏山線には途中に大金駅というなんとも人生のうちで常にあやかりたい名前の駅があります。旅をしていてこういった珍しい駅名に出会えるのも楽しみのひとつですね。
烏山駅を発車した列車は途中の大金駅で下り列車と交換する。
方向転換する列車
宝積寺から両毛線に直通する列車がうまい具合に接続しています。東北本線を小山まで走りそこから進行方向を変えて両毛線に入る列車です。途中から進行方向が変わる列車は珍しいと思いますが、関西では特急「はまかぜ」が姫路駅で同じく進行方向が変えることで有名ですね。あっ!この電車は確か日光線で乗ったロングシート車やな。まぁロングシートゆえに進行方向が変わっても席を前後する必要がなくそのままでええな。
茶色い汽車
なんかのマンガにでも出てきそうな顔つきの茶色い汽車は旧国鉄足尾線から第三セクター化されたわたらせ渓谷鐡道の車両です。JR両毛線の桐生駅から終点間藤駅までの全長44.1kmを結ぶ風光明媚なローカル鉄道でもあります。1日フリー乗車券¥1800を購入してマンガ顔の汽車に乗り込みます。
新緑が眩しい渓谷を行く
わたらせ渓谷鐡道は終点の間藤まで渡良瀬川に沿って走るため鉄道名のごとく渓谷美を楽しめる路線であり、この時期はもちろん新緑が大変美しいその姿を見せてくれます。こういう路線はいつ訪れてもそれなりに美しい景色を楽しませてくれるんでしょうね。
木造駅舎が素晴らしい
桐生を発車してから約1時間で神戸(ごうど)駅に汽車は着きます。ここでは反対列車と行違いを行い、11分の小休止で乗客もホームに降りて一服です。こういう時間がたまらなく好きですね。時間の経つのがとてもゆっくりしていることを感じとることができます。駅を出てみますとなんとも立派な木造の駅舎じゃないですか。新緑のなかにある素晴らしい駅ですね。
長大トンネル
草木ダムの建設で線路が湖底に沈むために建設された草木トンネルは全長5242mもありかなり長いトンネルです。連続上り勾配のため汽車はゆっくりと暗闇を進んでいきますが一向に出口は見えてきません。
長いトンネルを抜けると汽車は草木湖を渡ります。
トロッコ列車
沢入駅にはトロッコ列車が停車していました。DE10型ディーゼル機関車を塗り替えて休日を中心に運行しているイベント列車です。ただ機廻しが出来ないためか運行区間は大間々〜足尾となっており全線を走破しない列車なんですね。これでは全線完乗を目指している私にとって都合が悪く利用できない列車でもあります。
昔の繁栄が偲ばれる鉱山跡
自然豊な渡良瀬渓谷を遡って来た汽車は終点に近づくと突如として現れる廃屋群を見ることになります。足尾銅山が繁栄していたことを物語るかのように寂しい情景が出没すると、さっきまでの華やかな旅情とは違った趣の車窓へ急変してしまいました。そういえば昨年の秋に廃止となった神岡鉄道もそんな感じでしたね。
途中下車で温泉へ
間藤駅から桐生へ戻る列車でフリーきっぷの案内を見ていると、水沼駅の駅舎内にある温泉への入湯料が割引となると書いてあります。なに温泉があるんか?それも駅の中に?? 即決で予定変更は認可され間藤駅から戻る汽車を水沼駅で下車しました。本当に駅の中に温泉がありましたよ!
次の汽車は1時間40分後
水沼駅温泉センターに湧く湯は含二酸化炭素−ナトリウム・カルシウム−塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉であります。露天風呂から眺める渡良瀬川もいい感じですね。しかし温泉好きとはいえ何時間も風呂に浸かることはできず、30分ほどであがってきました。汽車はまだ来ませんよ。もうこうなれば冷たい生ビールに突入するのは当たり前の話でありますね。さていい気分なったところで桐生から高崎に抜けて上野まで帰り明日の仕事に備えます。
未乗線区残すところ8線区
今回の旅で関東地区の未乗線区を全て踏破することができ
自分の夢がかなうところにまた一歩近づきました。
さぁ残すところ北海道と東北に8線区となりましたよ。
鉄道旅行紀 TOP