今回の旅行で2線区を完乗する事ができました。ということで全線完乗まで
あと残すところ6線区となりました。
鉄道旅行紀 TOP
安積永盛駅
ロングシートの忍耐旅行
郡山行きの列車を終点の一つ手前、安積永盛で下車します。水郡線はここで東北本線に接続しますので水戸から約4時間の長旅もここで終わりです。さて水郡線はこれで完乗しましたが、これから亀有までロングシート電車にのって帰るという苦行が残っております。黒磯と宇都宮で乗換えて上野まで4時間弱であり、ひたすら耐えるしかありません。
久慈川に沿って
水郡線は途中の上菅谷から久慈川に沿って北上します。車窓は田園風景から山間の風景に変わり、ローカル色ゆたかな景色で私の目を楽しませてくれます。
色づく木々
水郡線の列車が内陸部へと進むにつれて里山の木々が少しづつ色づいてきました。列車はホーム一本の小さな駅に到着しようとしています。この駅は矢祭山といいなんとも雰囲気のいい駅ですね。
派手な汽車
上菅谷に戻って再び水郡線の下り列車に乗換えます。しかし水郡線の車両は派手な塗装ですね。キハE130系という形式の気動車ですが、この派手な装いはローカル線に似合わないです。私の乗った郡山行きの列車は3両編成ですが途中の常陸大子で後ろ2両を切り離してしまい、そこからは1両のワンマンカーとなってしまいました。
支線のある水郡線
水郡線には途中の上菅谷から常陸太田に分かれる9.5Kmの支線があります。一般的には別の線名が与えられてもよさそうなんですが、この盲腸線も併せて水郡線となります。したがって上菅谷で列車を乗換え常陸太田までを往復します。
のどかな田園風景
水戸駅を12:15に発車した水郡線の列車は新しい車両ということもあり、なかなか軽快な走行を披露してくれます。車窓には稲刈りを終えた田んぼが広がり、ローカル線らしい光景となってきました。今日は天気がいいな!
新鋭の気動車に乗る
常磐線のいわきまで行って再び水戸まで戻って来ました。さて、ここから福島県の郡山に至る総延長147Kmの水郡線に乗車します。この路線は非電化路線であり、運行する車両は当然汽車であります。でも汽車には見えないようなスタイルのキハE130系という車両が使われており、なかなか加減速に優れた新鋭の気動車です。そして発車の際は私の大好きなピィーッというホイッスルで汽笛を鳴らしていくのが嬉しいですね。
常磐線の未乗区間を行く
常磐線の勝田〜いわき間は未乗区間として永らく残っていました。東北に行くのは東北本線経由の今はなき急行「八甲田」や「津軽」を利用していましたので、常磐線を全線にわたり乗り通したことがなかったのです。水戸駅8:18発のいわき行きは通勤通学ラッシュも一段落しており、のんびりとした車内からは青い海が見えてきました。
国鉄型が淘汰されていく常磐線
なぜか常磐線の水戸駅にいます。平日になぜかという訳もないですよね。1日だけの研修が東京であり、例によって大垣夜行の「ムーンライトながら」で上京して、常磐線の列車でここまで来ました。今日はこの常磐線の勝田〜いわき間と水郡線に乗るのが目的であります。しかし常磐線からは国鉄型鋼製車体の415系電車がいなくなり、替わりにこのE531系が走っています。この電車は一部にボックスシートがあるもののシートピッチが限りなく狭く、快適に旅行をするのに極めて不都合な車両であります。
2007年10月25日(木)
水 郡 線 乗 車 記