嵯峨野トロッコ列車と拾円玉の旅

本日はお盆休みに突入した8月12日である。加古川から新快速に乗ってやって来たのは京都駅1番ホーム。さすが世界遺産が点在する古都京都の玄関駅だけにでっかいホームですね。昔は日本一長いホームで有名だったんですけど今でもそうなんかな?
山陰本線のホームは京都駅1番ホームの西側に位置しております。行き止り式のホームは昔と変わっていませんが旧客や気動車はいませんね(当たり前や) 夜行鈍行の「山陰」もここから発車していました。
本日のメインはこの嵯峨野トロッコ列車です。JRの嵯峨嵐山駅に隣接されたトロッコ嵯峨駅から25分かけてトロッコ亀岡まで走ります。もちろん旧山陰線を保津川に沿っての運転です。
牽引機というか推進機というか機関車はDE10型ディーゼル機関車です。客車もそうなんですが遊園地の乗物みたいな派手な塗装を施されており、おとぎの国の列車のような雰囲気です。どうせトロッコと名乗るのなら、トキかトラの無蓋貨車へ直に乗せてもらいたいものです。
まぁそう言いながらも走り出すと手入れの悪い路盤と相まってトロッコ風の振動が伝わってくる走りです。窓から入ってくる風もなかなか心地イイですね。保津川下りやラフティングをしているボートも見えてます。
鉄橋から見る保津川は夏場ということもあって水量は少なめですね。
25分の旅はアッという間に終わり、殆どの乗客はトロッコ亀岡からバスで保津川下りの乗船場に向います。私達は川下りに3,900円も支払う気はさらさら無く、線路沿いの道を歩いて馬堀駅に向います。風にのって田んぼの匂いがしてきました。
おーっ湘南色の113系が来ました。馬堀駅から京都駅までこの懐かしい電車に乗って戻ります。
新しく開通した山陰線はほぼ一直線に保津峡を走り抜けます。長いトンネルが大半で景色を楽しむことは不可能ですね。
京都で奈良線の電車に乗換えます。221系「みやこ路快速」に乗り次の目的地宇治まで17分です。
10円玉のデザインで余りにも有名な平等院鳳凰堂です。魚屋の鉄道旅行もなかなか渋いところを訪れるようになりましたよ。まぁ歴史に興味がない私ではありますが、こういうメジャーなところに行ってみたいという気持ちは少なからず持ち合わせております。
あれっ?いつの間にか奈良駅は高架になっていますね。最近は四日市に行くのも新大阪、草津経由になり、奈良駅はしばらく通っていなかったのでビックリです。さてここから大和路快速で大阪に向います。
あーっ・・・やっぱりこういう結末が待っておりましたか!どうも15時以降に入園できる切符があるとかでUSJに来てしまいました。それにしてもアトラクションひとつに1時間以上も待つのは勘弁してもらいたいものです。
日が暮れると幾分暑さも和らぎ過しやすいですね。夜景と遠くに見える入道雲がきれいでした。
平等院への参拝道で見つけた日本手ぬぐい。桃太郎のデザインなのか鬼退治のキジとサルが描かれている。でもひょうきんなネコじゃないのかな?
鉄道旅行紀 TOP