貨物列車も長いが客車も負けてはいませんよ。なんと18両もつないでいるので最後尾が見えません!この長い客車を牽くのは東風4D型(DF4D3288)で東風4型の最終モデルになり、濃緑の機関車とはまた違った雰囲気があります。
同じ東風4型でもいろんな塗装パターンがあるようでこの機関車は帯がライトグリーンです。無蓋車の返空とはいえ何十両もつないだ貨物列車はやっぱり迫力がありますね。荷台が黒っぽく汚れており石炭でも運ぶのでしょうか。
気合を入れて起きたのはまだ夜が明けぬ6時すぎ。朝飯なんかどうでもよく時間いっぱいまで汽車が見たかった。しかし明るくなってきたのが7時をだいぶんまわったころ。それでも昨日来た場所へと向かった。
平成23年1月15日
もっと見たいがアッという間に日没となった。
日本のコンテナ貨物に比べこの大陸的な無骨さがたまりません。雑多な貨車を可能な限りつないで走るといった思考方針がもう最高であります。なんとなく昭和の時代にEH10が黒い貨車を連ねて走っていた姿と似ていますね。これはさっき歩道橋で見た機関車と同じで東風4型(東風47560)という形式です。
おっと、今度は電気機関車の登場です。青を基調とした塗装は中国のイメージではなく明るい感じですね。軸配置B−Bの小振りな機関車ですが最高速は170kmと実力は凄いのです。この機関車は韶山8型(SS80242)と呼ばれています。
うひゃひゃ!もう蒸気機関車かと思わんばかりの黒煙を噴き上げてますよ。あのボボボッというエンジン音もさっきと一緒ですね。なんか迫力というよりエンジンの調子が悪いようにも思えますが・・・。中国のディーゼル機関車は殆どが電気式であり、C−Cの軸配置を持った大型が主流のようです。これは東風11型(DF110009)という形式です。
最初にやって来たのは鮮やかな朱色の機関車が牽く客車列車だった。この機関車はさっきの濃緑と一緒ですがずいぶんとイメージが違いますね。
もう少し線路沿いを歩いてみることにする。するといい具合に線路を跨ぐ陸橋があった。ただそこに来る間にもやはり保安のおっさんがひとり椅子に座っていた。まぁ眠そうな顔をしていたし、ここからは見えないので大丈夫だろう。そして待つこと数分・・・、狂喜の世界が始まるのであった
香港・広州出張記
魚屋の鉄道旅行記始まって以来の海外渡航である。汽車に一度も乗らない出張ならここへ記載しないが、嬉しいことに鉄道も利用したのだ。右を見ても左を見てもはじめて見るものばかり。これはもう興奮のるつぼであった。
平成23年1月12日
関西空港を10時に出発するキャセイパシフィック航空CX503便で香港に向う。極度の飛行機嫌いにとって辛い出張の始まりである。すでに手のひらは汗で湿潤状態だ。地に足の着いていない乗物はやはり怖い。
離陸して間もなく機内食を配りだした。客室乗務員が乗客ひとりひとりになにやら英語で喋っている。英語が判らないわしにとってこれは非常にまずい状況である。どうにも機内食は何にするのか聞いているようだ。ポークとビーフという言葉がかろうじて聞き取れた。「ポ、ポ、ポーク・・・」 この先大丈夫なのだろうか?
香港国際空港には現地時間で13時25分ごろに到着した。日本との時差は1時間であるから4時間ほどのフライトであった。現地法人の出迎えで車に乗り市内へと移動する。
ガイドブックで知ってはいたが建物の高さが半端ではない!驚きの光景である。
これが噂の竹足場である。こんなに大きな工事現場でも普通に使われている。
香港広州の出張記でそれらしい写真が出ないというまぬけな内容となりつつある。仕事なんであまり写真は撮っておらずしょうがないな。それでいきなり夕食の話になってしまうのだが、香港で飲むビールはサンミゲルが一般的だ。ただこのサンミゲルはもともとフィリピンのブランドで香港にその工場があるというもの。Alcは4%程度でかるい。
平成23年1月13日
香港の鉄道に乗りたくてホテルを早朝に抜け出した。MTRという鉄道会社が香港を網羅しておりホンハム駅から電車に乗ってみた。車両はステンレス製の外観で12両編成と長く、ひとつの車両に5つの外吊りドアがある。驚いたのは座席も外装と同じくステンレスであり、モケットなどは施されず地金剥き出しなのだ。夏はいいが冬は勘弁してもらいたい。
ホンハム駅から3つ先のタイワイ駅にやって来た。あまり遠くに行くと本日の業務に支障を来たすので程々にしておかないといけない。MTR東線の電車は真紅のドアと床下を覆うカバーが特徴的な電車ですね。
左はMTRの乗車券。切符というよりは大きさ硬さなどテレホンカードのようである。右はタイワイ駅の改札口。近代的な造りでかなり大きい。自動改札の仕切りは左右に引っ込むタイプで日本のものとは動きが違う。
駅のホームにファーストクラスという表記があった。んっ?と思っていると12両編成のうち1両だけ特別な車両があるのを発見。ドアは2つしかなく車内はクロスシートが並んでおり、日本でいうところのグリーン車的な存在なのだろう。
香港の朝にも渋滞はあった。ここは香港島に向う海底トンネルの入口で料金所がある。ちなみにETCと同じようなシステムもあってスルーパスできるのだが車の量が多過ぎるのだろう。あと日本にあるような開閉バーはなく、通過する車はほとんど減速しないので乗っているとちょっと怖いのだ。
香港では日本製の車が圧倒的に多く走っている。乗用車などは新しい型であるがトラックなどは一昔前の型がまだまだ元気に活躍している。日本からの中古なのかそれとも新車を長く乗っているのかよく判らないが、懐かしいスタイルを見ていると楽しい。あれっ?わしは何をしにきているんやろう?

       ということで今日はホテルで朝食をとってしっかりと
仕事をするのでした。
通貨は香港ドルなんですがややこしいことに同じ$20でも発券する銀行でデザインが異なるのだ。ただでさえなれない通貨なのにこれは極めて使いづらい。
まぁやはり香港に来たらこの夜景ですよね。素晴らしい光景が目の前に広がっています。
スターフェリーを利用して香港島に渡りビクトリア・ピークを目指す。山頂まではこのピーク・トラムというケーブルカーに乗った。標高差363mを約10分で運行する。最大斜度は27度であるが連続した勾配ではないため車内の椅子に角度はついておらず、傾斜のきついところでは背もたれに体が張り付く感じだ。
平成23年1月14日
今日はいよいよ広州へ行くのだ。この旅、あっ、いや出張でいちばん楽しみ、じゃなかった関心をもっていたのが中国の鉄道に乗れることであった。乗るのはホンハムの駅を9時34分に発車する広州東行きのT820準高速列車だ。途中に停まる駅は東莞だけの特急列車である。中国と香港の関係はよく分からないが、出入国審査があり駅でパスポートの呈示が必要になる。
日本では数少なくなった機関車が客車を牽くスタイルの列車である。車内は車両中央で座席の向きが分けられていて転回はできない。造りとしてはやはり重厚な雰囲気があっていい感じだ。最高速度は140kmで揺れも少なく乗り心地も良かった。
ホンハムの駅で列車の姿を撮影したかったが客車のドア付近に立っている乗務員が撮影不可といった。おいおい写真ぐらい撮らせろよ!中国では鉄道を撮影するのに制限がかけられているのであろうか?だからここでは残念ながらその姿を記録できていないのである。
シンセン駅を通過すると車窓の景色が明らかに中国というものになった。至る所に赤い中国国旗が掲げられており建物の造りも香港とは違う。そしてこの機関車が目に飛び込んできた瞬間にそれを実感したのだ。いかにも中国というような大陸的雰囲気の機関車ですよね。ただマンガが描かれている赤い機関車はどんなもんかと・・・。どうせならあのドラえもんもどきでも書いてあれば笑えるのだが。
広州に近づくとまるで黄砂に覆われているような空模様になってきた。しかし実はこれ、黄砂ではなく煤煙などによる空気の汚れらしい。実際に車窓からもえげつないような黒煙をあげる工場や野焼きをたくさん目にした。まぁこれも中国的光景ということでいいだろう。列車は11時19分に広州東駅に到着した。
現地法人のヘッドオフィスから眺めた広州の街並みです。街というよりビックリ仰天の近代的な都市ですね。香港もそうですが高層ビルの多さが際だって目立ちます。
乗った列車の写真が1枚もないのは寂しいので広州東駅でスキを狙ってサボを撮りました。中国語はパソコンで表現できませんがGUANGZHOU DONG(特快)JIULONGと書いてあります。
驚いたことに街中をトロリーバスが走っていました。斬新なデザインの車体から伸びる集電用ポールがなんとも似合わないが、地球環境を考えればエコな乗物である。
広州のホテルから眺めた光景だがこのように視界は非常に悪いのだ。天気は多分いいと思うが太陽は黄色くぼんやりとしている。これは間違っても黄砂でなくひどい大気汚染なのだ。旧正月などで工場が休みになると幾分かはましになるそうだが、まさに日本も経験してきた公害というものであろう
ボボボッという重低音を響かせて目の前を長大貨物列車が走っていく
夕食まで少し時間があったのでなんとかして中国の汽車を撮ってやろうと考えた。まずホテルのフロントで「HEAR MAP」とかなんとか意味不明の英語をほざいて周辺の地図をもらった。そしてそいつを広げて線路のある場所を探すのだ。するとホテルからさほど遠くないところに白黒のラインが引かれているではないか。どんな汽車が走っているか分からないがとにかく行ってみることにする。街を歩くと早口で喋り立てる中国人に混じって意外と黒人が多いことに驚く。15分ほど歩くと線路が間近に見える歩道橋にたどり着いた。歩道橋の上には露店がいくつかならび、背中に保安と書いてある服をきた怪しげなおっさんが椅子に座っている。うーん、背の高いフェンスが邪魔やし保安のおっさんが気になるな。なんて思っていると・・・うわーっ、来た〜!濃緑の機関車に牽かれた貨物列車がいきなり現れたのだ。形振り構わずフェンス越しに慌ててシャッターを切った
うひゃー!これぞ中国的迫力火車
保安のおっさんはわしの行動に無反応であった。しかし慌てて撮った写真にはもちろんフェンスが写りこんでおり、ありゃりゃである。当然これでは納得できるわけがない。
少し移動するとフェンスのないところがあった。しばらくすると反対方向から電気機関車がやって来ました。EF200によく似ており、最新型のようで余り中国的な匂いが感じられません。
さて夕食で気になるのはどんなビールが飲めるかということであったが、予想通り青島ビールのお出ましとなった。Alc度数は忘れたがとても飲みやすいビールという印象からそう高くないはずである。
陸橋の上から道路を掃除する人が見えた。ゴミなんか殆どないところをやる気なく掃いている。この人はいったい何がしたいのだろうか?不思議な光景だったので写真に撮ってみた。あっ!こんなんことしている場合ではない。帰らなあかん。
帰りの列車は広州東10時39分発のT823のKTTだ。これはMTRに所属する車両でオール2階建の客車を機関車がプッシュプルで牽くのである。2階は1+2シートとなっておりグリーン車並みの車内設備で見晴らしもいいです。
T823の切符。特等扱いとなっており来る時よりも$40高いのだ。
今日は土曜日やったな。ということで広州東駅の売店で地元のビールを買った。中国語の表記だけではこれがどういう飲物か判断できないが、ちゃんと英語でLAGER BEERと書いてあり、何の迷いもなく手に入れることができた。これは広州珠江ビールといい販売価格は5元で邦貨にすると100円もしないのだ。安い!
列車は12時29分にホンハムの駅に着いた。KTTの車体はまさにブルートレインである。なにやら分からん宣伝書きは余計なものに感じられる。結局、行きも帰りも先頭の機関車を見ることは許されなかった。
同僚に別れを告げ香港国際空港までは九龍からMTRの電車に乗って移動する。ポートライナーのようにホームにもドアがあってここでも残念ながら車両の写真が撮れなかった。電車はかなりのスピードで走り20分ちょっとで空港に着いた。旅、じゃなかった出張もいよいよ終わりである。
言うまでもなく恐怖の時間である。さっさと機内食を食ってビール飲んで寝ちゃいました。
関空へ着陸する時の夜景が綺麗やったけど、でもあの揺れには恐怖を感じたな。飛行機はやっぱりダメだが中国はまた行って見たいと思うのでした。
鉄道旅行紀 TOP