うどん県を行くレトロ電車の旅
魚屋の鉄道旅行記もずいぶんとご無沙汰である。一時は旧国鉄線完乗までもう少しだと張り切っていたが、その勢いもどこへやらと・・・。諦めたわけではないんですけどね。

それで久しぶりに乗り鉄をしてきたのだ。行き先は四国のうどん県。

観光PRのため香川県のことをこう呼んでいるらしいのだが、そこを走ることでんに乗ってきたのです。

ふつうにことでんだとそれほど魅力的な電車ではない(ことでんファンには申し訳ない)のですが、わざわざ四国まで行くのは週末に運行されるレトロ電車が目的なのでした
鉄道旅行紀 TOP
姫路から岡山まで乗るのは115系電車である。

国鉄型が活躍していることは大変喜ばしいことなんだが、いかんせこの黄色一色というのが極めて痛い。

被写体としての価値は個人的に無いと考える。

まぁ今日は乗るだけであり車体の色はどうでもいいわけだが、久しぶりに聞くMT54のモーター音はよかったな
日岡を5時47分に出て高松には9時18分に着いた。しかしマリンライナーもSF映画に出てきそうなロボット顔になってなんかイマイチやな。

わしはやっぱり初代グリーン車クロ212の方が好きですね
レトロ電車は10時37分に高松築港駅を発車する。

まだまだ時間があるからうどんでも食うかということで傘を差し駅前をうろうろしてみた。

朝から降っている雨は少し強くなっていたが、しばらく歩くとあるビルの一階に店を構えるうどん屋を見つけました。

しかし、のれんは出ているがどうも客がいないようで・・・。さて大丈夫なのか
温泉玉子ぶっかけうどんを頼んだ。大中小とあり中を頼むとうどんが2玉になる。

しかしこのコシの強い麺はさすが本場ですね。店に入る前の不安を解消する旨さでした
ことでんの高松築港駅は2線3面のくし形ホームであり、2両編成の電車が折り返し運転をやっている駅なのだ。

日中は1時間に琴平線が4本、長尾線が3本というパターンダイヤだから発着数はそこそこある。だからホームにレトロ電車の姿はまだなかった。

回送のサボをぶら下げたレトロ電車がやって来たのは発車時刻の数分前になって。

わーおっ!年季の入った電車やで。

茶色とクリーム色のツートンを先頭にその後ろは茶色一色の2両編成です
レトロ電車はサボを回送から琴平に付替えて慌しく発車した。

ウォーン!動き出すとすぐに吊り掛け独特の音が車内に響き渡り、もう涙が出そうなほどに感動してしまう。

それでいて顔は少しにやけているから、傍から見るとちょっと危ないおとっつぁんと化していた
栗林公園あたりまではゆっくりと走っていた電車も郊外へ行くにつれスピードを上げていく。と言ってもそんなに速いわけではないのだが、トップスピードに達するころの騒々しさがもうたまらない。

ギャーとも言うべきか笑えるぐらいの金属音に会話も出来ないほどだ。

それと上下振動がとてつもなく激しいから、乗客のみんなが同じリズムで体を上下に揺さぶられている。

この光景がこれまたおもしろいのであり、乗客の妙な一体感というものを感じましたね
終点の琴平まで行きたかったのですが、そうすると次の目的地、塩江温泉に行けないんで岡田駅で下車して折り返すのでした。

ここでは結構な乗客が降りたんですが、よく見るとみんなここからバスに乗り換えてレオマワールドに行くんですね。つまりたまたまレトロ電車が来たんで乗りましたという一般客だったんです。

まぁ、これもテーマパークの一つの余興ということになるのでしょうか
茶色の電車
形式 300形300号 大正15年製
丸形の戸袋窓が特徴の琴平電鉄オリジナル車輛で開業当初の茶色一色に塗られている。

クリーム色と茶色の電車
形式 20形23号 大正14年製
元大阪鉄道(近鉄南大阪線)のデロ20形として製造され、昭和36年に琴平電鉄に譲渡された車輛である。
塩江温泉は仏生山からバスで約30分ぐらいのところ。

讃岐の奥座敷として古くから知られているようで泉質は単純硫化水素泉となっている。

幸いにも温泉に着くころには雨もやんでいた
川沿いにある「行基の湯」は比較的新しい造りの温泉だった。

古ぼけた湯治場的温泉が好きなおとっつぁんには少々不満である
腹が減っていたので風呂上りに近所の食堂に入った。

そこの名物は中華そばとあったが、同じ内容でうどんも出来るとある。つまり中華うどんなのだ。さすがやね。

でも朝、食ったうどんとは違ってだいぶんコシが弱い軟弱うどんなんですよ。

あっ、これが普通ですよね。店に申し訳ないから一応、出汁は旨いと書いておきます
ビールを飲んで軟弱うどんで腹がいっぱいなったおとっつぁんはここからまたバスに乗ります。

今度は仏性山を通り越し一気に高松駅まで行きます。
最後にとどめのうどんを一発。

シンプルにしょうゆうどんで締め括りますが、それだけでは寂しいんでちくわ天をトッピングしてやりました。

あーっ、旨い
高松駅17時10分発のマリンライナーに乗り、赤穂線経由で加古川へと帰ります。
(赤穂線に乗るのは何年ぶりだろう?)
古き良き時代の車輛を楽しむことができました。