芸備線の旅
鉄道の日を記念してJR西日本より「鉄道の日記念西日本一日乗り放題きっぷ」が毎年発売されます。3000円でJR西日本の普通列車が1日乗り放題となるこの切符を使って芸備線の列車に乗ります。
2005年10月15日加古川6:41発の普通列車で出発しました。姫路より姫新線に乗り換え、津山を目指します。
本龍野駅に停車中の1823D
姫新線は新見まで行く直通列車がなく、途中の播磨新宮、佐用、津山で乗り換えを行います。やはり不便ですよね。
津山駅に到着した2825D
津山では次の列車まで1時間すこしの待ち時間があるので、駅を出て津山城跡に行ってみました。雨上がりの城跡はしっとりとしており山の匂いがしました。城下には丸ポストがあり、古い町並みが残っています。
新見駅で弁当と酒を買い込んでいよいよ芸備線に乗車です。この芸備線、新見より途中の備後落合まで行く列車は1日に3本しかない超ローカル線です。12:27に443Dは備後落合に向けて津山を出発しまた。しかし乗車した車両はレールバスに毛の生えたようなキハ120という小さな車両です。車内で弁当を食うのも人目が気になるぐらい小さいです。さらにワンカップ大関を片手にしている私は完全に浮いてしまっている存在でした。
443Dの車内から見た芸備線道後山駅
443Dは備後落合に13:44に到着しました。この駅には昭和58年7月30日に一度来ています。その時は木次線でこの駅に降り立ち、300円の弁当を買って急行「ちどり2号」に乗り換えました。その駅が今では売店すらない無人駅となっていました。
中国山地にある備後落合駅
23年前に備後落合駅で買った駅弁の包み紙
寂しくなった備後落合駅から14:01発の361Dに乗り、三次まで行きます。この列車もまたキハ120で運転されていました。
備後落合駅で発車を待つ361D
三次駅で広島行きの急行「みよし5号」を見ました。キハ58系の気動車ですよ。サボもしっかりと差し込まれており急行らしいではありませんか。メチャ乗りたい!しかし私の切符では乗れません。残念!
急行「みよし5号」が先発した後、15:33発の1869D広島行に乗って広島を目指します。こちらはキハ47です。広島には17:31に到着します。そして広島からは延々と山陽本線で帰路につきます。
狩留家駅に停車中の1869D
腹が減ってきたので尾道で下車して尾道ラーメンを食うことにしました。駅前にある味麺という店に入りラーメンを一杯注文しました。小魚のダシでとったといわれるスープはなかなか旨かったですよ。
尾道駅前から対岸を見ると日立造船のクレーンが美しくライトアップされていました。なんとも幻想的な光景ですね。尾道駅より20:06発の5476Mに乗り、岡山と姫路でそれぞれ乗り換えて加古川に23:31に着きます。今回の旅で芸備線159.1kmを完乗できました。
ライトアップされた日立造船向島工場のクレーン群
鉄道旅行紀 TOP