2006年夏 山口乗りつぶしの旅
夜行列車で一路山口へ
青春18きっぷを購入しました。青春という言葉にかなり抵抗を感じる年齢ではありますが気にしないのであります。今回は山口県にある美祢線、山口線などを乗りつぶし、そして山陰本線で未乗区間となっている下府以西を乗ることを目的としています。平成18年7月27日、通常に出勤して早い時間に帰宅し旅支度をしました。そして加古川駅23:03発の快速「ムーンライト九州」に乗り込み夜更けの山陽本線を下ります。
快速「ムーンライト九州」に使用される車両は14系客車でシュプール号にも使われています。この列車には懐かしいステンレス製の灰皿が生き残っていました。それもJNRマーク入りの逸品ですよ!
夜の山陽路を走り抜けてきた「ムーンライト九州」は下関に定刻の5:34に到着しました。ここで機関車を交換するためEF65-1124は切り離されます。私もこの駅で下車して山陰本線の列車に乗り換えです。
さすがに夜行列車が朝に集中して到着する駅だけあってホームには洗面所がありました。比較的新しい造りのようでしたが、今では定期で走る夜行列車は「なは・あかつき」と「富士・はやぶさ」の2本だけなんですね。昔は夜行急行「さんべ」なんかもあったけどね。
いよいよ山陰本線未乗区間へ
一夜明けた7月28日、天気は良さそうです。下関5:45発の山陰本線長門市行820Dに乗車して終点まで行きます。山陰本線は次の幡生から山陽本線より分岐して、日本海沿いを京都まで行く路線です。この幡生から下府までの区間が未乗区間となっていました。列車は日本海に沿って東へ進みます。
下関駅で発車を待つ820D長門市行
車窓からは日本海の姿が見えてきました。山陰本線らしい光景でしょう!
これは読めない!
山陰本線の駅には難読駅名がかなりあります。その中でもひときわ難読なのが「特牛駅」です。今しがたこの文章を打ち込んだのですが、「こっとい」と入力したらいきなり変換されて出てきました。あれっメジャーなんですね!そう「こっとい駅」と言い、山口県下関市豊北町にあります。
特牛駅の駅名票
ここも山陰本線の一部です
長門市には7:45に到着し5分の接続で仙崎行の列車に乗り換えます。仙崎までは2.2kmのいわゆる盲腸線ですが、この長門市から北へ伸びる短い路線も山陰本線の一部なんですね。しかし1日に6往復しか列車が走らない本線とは寂しい限りです。1623Dは3分ほどで終点仙崎に着きます。
仙崎への列車は長門市駅0番線から発車します。終着の仙崎駅は立派な造りです。丸ポストがいいですね。
美祢線の列車は行商列車となった
仙崎に着いた列車はトンボ返りで724D美祢線直通の厚狭行となり長門市へ戻ります。長門市に着いた列車は後部に1両増結して2両編成となりました。この列車、長門市からトロ箱を持ったおばさん達がぞろぞろ乗ってきて、またたく間に賑やかな行商列車へと化しました。イカや鯛など新鮮な魚の匂いが車内に漂います。
行商列車となった厚狭行724D
出ました、DDホキ!
行商列車は各駅でおばさん達を降ろして9:22に厚狭へ到着しました。厚狭から再び美祢線に乗って長門市へ戻ります。同じ路線を戻るのはつまらないものですが、私の予想では途中の駅でDD51が牽引する石灰岩輸送列車と交換すると見込んでいますので、その写真を撮る楽しみがあります。厚狭を10:06に出発した727Dは予想通り厚保駅でDD51牽引の石灰岩輸送列車と交換しました。真っ白な石灰岩がとても美しい貨物列車です。この美祢線の重安駅付近に石灰岩を産出する山があり、車窓からもその緑のない異様な山肌を見ることが出来ます。
厚狭駅で出発を待つ727D
厚保駅で交換した石灰岩輸送列車
28年ぶりの下府駅
長門市11:11発の列車で益田へ向かい、その後浜田でも乗り換えて着実に山陰本線を制覇して行きます。思えば28年前の高校夏休みに米子21:31発の急行「さんべ5号」に乗車して博多に向う途中、下府という駅で列車は集中豪雨により足止めとなり、ここより西には行ってなかったんですよね。あの時は下府の民宿に泊って翌々日にバスに乗って米子へ戻りました。やっと山陰本線を全線乗車することができました。
美しい山陰海岸が車窓に広がります。左は長門市から乗車した1568Dより、右は益田から乗車した350Dより見た景色です。
28年ぶりに来た下府駅
益田駅で出発を待つ350D
昼飯にいか飯を食う
浜田駅で小さないか飯を売っていましたので昼飯にと思い買いました。もちろんタカラ缶チューハイもお決まりのセット物で付属しています。酒と肴を手に入れて上機嫌でホームに行くと、あちゃーまたこのレールバスもどきのキハ120やないか!ロングシートで酒を飲むのは本当に根性がいるんですよね。でもこのいか飯はいかの中にもち米を詰めたものでほんのり甘くておいしかったですよ。
いか飯400円也、おばちゃんの絵が・・・
遠くに海の見える無人駅
下府駅を通過して目出たく山陰本線を完乗することができました。今度は山口線に乗るため再び益田へ戻ります。下り列車に乗り換えるのに降りた駅は黒松駅で快速列車も停車する駅です。しかし駅前には何も無い、というより駅舎が無いじゃないですか!夏の昼下がり、遠くに海が見える無人駅はセミの鳴声に包まれていました。
夏の昼下がりに降り立った無人駅「黒松駅」
山口線で下関へ
黒松からは15:39発の快速「アクアライナー」で益田に戻ります。この列車はあのレールバスもどきではなくキハ125系の新系列気動車です。ステンレスボディが気動車らしくないんですが、車内はエンジン音が騒々しく、良いのか悪いのか気動車らしいです。列車は西に傾いた太陽を日本海側に見ながら益田へと向います。益田から山口線の列車に乗り換えますが、次の列車は17:56発で約1時間の待ち合せとなります。あっいかん!キヨスクのちくわとビールが私に熱い視線を投げかけて「買え」と訴えています。しょうがないな、でもホームのベンチに座って汽車を待つ間に飲むビールもいいですね!益田から山口線を経由して新山口に行き、山陽本線を下って下関へ到着したのは21:42でした。
益田駅に到着した快速「アクアライナー」
津和野で18分の小休止をする2552D山口行
7月29日へ