青春18きっぷで行く広島への旅
毎年夏休みになると青春18きっぷを使って嫌がる家族と日帰り旅行に出掛けます。今までに白浜や琴平に行きました。その時は指定席のジョイフルトレインやトロッコ列車に乗り快適な旅をすることができましたが、今年は正真正銘鈍行ばかりで広島に行きます。はたして家族はこの苦行に耐えられるのでしょうか?8月26日(土)加古川駅6:05発の列車で出発です。

姫路駅で早速乗り換えです。1303M岡山行に12分の待合わせで乗換えます。姫路の駅そばを食べたいところですが時間的に無理ですね。列車は6:33に高架になった姫路駅を出発します。高架になったおかげで右手に姫路城がよく見えますよ。
姫路駅に停車中の1303M
万富駅で折返す711M徳山行
1303M岡山行でそのまま岡山まで乗車してもいいのですが、次に乗る列車は山陽本線万富駅始発ですので万富駅で乗換えます。食糧を買おうと駅前に出ますが店らしきものは何もありませんでした。ところでこの万富駅から乗る列車は心配していた直角椅子をかたくなに備えてきた115系電車でした。家族からは案の定ブーイングが、しかし私は冷房があるだけましやと諭してやりました。懐かしい瀬戸内色をまとった711Mは7:54に万富駅より不満の残る家族を乗せて広島に向け出発です。
鈍行に揺られて10:55に広島へ到着しました。加古川から265.6km、4時間50分の道のりです。腹が減っているのでまずは広島焼きを食べようということになり、最新型とみられる緑の連接車にのって八丁堀まで行きます。
こんな古い電車が! 原爆ドーム前にて
八丁堀の電停から歩いて数分のところにある「みっちゃん総本店」にやって来ました。昼前だというのに店内にはたくさんのお客さんがいます。それと店員の数も10名以上が慌しく広島焼きを焼いています。とりあえず生ビールを注文して、メインの広島焼きはやはりカキ、ソバ入りのものにしました。出てきた広島焼きの大きいことに驚きです。そして味のほうはキャベツやソースの影響でほんのりあまい味ですね。やはりビールとたいへんよくあいます。しかしこの大きさはさすがに息子も食いきれなかったようです。
夏の青空が眩しすぎる原爆ドーム
広島焼きを食べたその足で原爆ドームに立寄ります。あの日の朝もこんな青空が広がっていてセミがいつもと変わらずに鳴いていたんだろうな。さっき飲んだビールを反省しつつ、そのような事を考えてしまいました。原爆資料館にも行ってみました。子供達が数ある遺留品や写真を見て何かを感じ取ってくれればいいのですが・・・。
呉駅に到着した5640M快速「安芸路ライナー」
広島を後にして呉線の列車に乗り呉駅に向います。この列車は通勤電車といわれる103系電車で4扉ロングシートという鉄道旅行には大変不向きな車両を使用していました。14:28に広島駅を発車して30分程で呉駅に到着します。
呉駅から歩いて5分ほどのところにある「大和ミュージアム」に来ました。しかし先程は広島で戦争についての悲惨さを見たばかりだというのに、今度はその戦争に使われた物を見るという相反する内容に戸惑いはありましたが、まぁいいでしょう。やはり戦艦大和の46Cm主砲はさすがにでかいですね。
大和ミュージアムを見学して呉駅から広駅乗換えで尾道に行きます。ありゃりゃ、またロングシートの電車ではありませんか。今度は105系電車ですが乗客が少ないのでよしとしましょう。それをいいことに息子がつり革で遊びだしました。お前はもう4年生やろ!恥ずかしいからやめろ。
広駅で発車を待つ148M糸崎行
呉線は瀬戸内の波打ち際を走ります。この写真も148M糸崎行の列車から撮ったものです。残念ながら瀬戸の夕日は見られませんでしたが、飽きの来ない風景はいいもんですね。そういえば大人3人が海から手を振っていましたが、何を獲っていたんですかね。
夕焼けの美しい尾道駅には18:30に到着しました。この駅で下車したのはもちろん尾道ラーメンを食べるためですね。
尾道駅から海峡沿いを東に数分歩いたところにある「喰海」というラーメン屋に入りました。醤油味のスープに広島県産の小麦粉で作ったこしのある麺がとてもおいしいです。実はこのラーメンの写真ですが半分ほど食べてからの写真なんですよ。元来、食い物の写真を撮る趣味がないため旨そうなラーメンが出るやいなや、箸をつけてしまった次第です。
尾道で旨いラーメンを食べ造船所のライトアップを見たあとは尾道駅19:39発の列車で帰途に着きます。帰りの電車はうとうとしながら岡山と姫路で乗換えて加古川には22:57に到着しました。私も含めてみんな疲れた様子で最後の力を振り絞って家までの自転車をこぎます。「来年も行く?」と子供達に聞いたら元気のない声で「わからん」との返事でした。
鉄道旅行紀 TOP