あなご寿司が旨い!
福山駅から神辺駅まで福塩線の列車で行きます。神辺と書いて「かんなべ」と言います。読み方では兵庫県北部の神鍋を思い出すのですが、ここは井原鉄道の起点駅です。今日は朝から何も食べておらず、腹が減ってきているので駅ソバでもあるかなと思ったのですが駅には何もありません。仕方なく駅前に出てみるとスーパーがありましたのでここであなご寿司を買いました。広島名産と書いてあるのが購入の決め手ですね。これがまた旨いのですよね!なかなかスーパーもやりますね。
神辺駅から14:58発332Dの井原鉄道の列車に乗り伯備線の清音駅に向います。井原鉄道は残念というか使用車両がJRのキハ120と同じではありませんか。私の嫌いな車両のお出ましです。第三セクターらしい独自の車両だったら良かったんですがね・・・。途中の井原までは少ない乗客数でしたがそこからはある程度の乗車率になりました。井原鉄道はこの小さな気動車にはもったいないぐらいの高規格の路線です。高架から見る景色はまるで田んぼの上を飛んでいるような感じでした。
そうだ井原鉄道に乗ろう!
本日の目的である可部線に乗車することができたのであとは帰るだけです。でもここまで来てすんなり帰るのももったいなと思い時刻表を眺めてみました。すると福山の北にある神辺から倉敷の北にある清音まで山陽本線に沿うように伸びる井原鉄道という存在に気付きました。よしこれに乗ってみようということで福山まで戻ります。気ままに予定変更、青春18で行く一人旅ならではの芸当ですね。
景色に乏しい近郊路線
広島には10:55定刻に到着しました。ここから可部線の列車に乗換えます。可部線の起点は次の横川駅ですが全ての列車は広島駅まで直通で運転されています。広島駅11:07発の可部行の電車は105系電車で私の嫌いなロングシートの電車です。可部線の沿線風景は広島の近郊ということで住宅街の中を北に向うため変化のない平凡な風景でした。地方私鉄という雰囲気が色濃く、民家の軒先をかすめるように列車は可部を目指します。
可 部 線 と 井 原 鉄 道 の 旅
今年の夏のはじめに行った「山口乗りつぶしの旅」で乗り残した鉄道路線に可部線がある。あの時は美祢線のDDホキを撮るために乗車する計画であった可部線を放棄したのであるが、その結果は近畿以西でたった1線区だけの未乗区間を残すことになった。さて8月26日は日帰りでこの可部線に乗車すべく自宅を出発する。
先日家族で広島に行ったときと全く同じ時間の列車に乗って加古川を出発します。ということで広島まではあまり楽しくないんですよね。いくら鉄道が好きでもやはり最近乗った同じ路線を行くのはつまらないもんです。
再び広島へ
左は姫路駅で出発を待つ1303M岡山行で懐かしい湘南色です。右は瀬戸内色の徳山行711Mで先週に引き続き万富駅から広島駅まで乗車します。
広島駅に停車中の751M可部行。105系電車ですが顔は103系ですね。
三段峡への鉄路はなし
列車は11:44に可部に到着しました。広島から37分です。その昔はこの可部駅より先に鉄路が三段峡駅までつながっていましたが2003年11月に廃止されました。この先こそがディーゼルカーに揺られて美しい車窓を楽しむことができる区間だったと思うのですが残念ですね。
可部線の終点可部駅、この先に昔は鉄路が伸びていた。
福山駅で福塩線に乗換えです。この電車も国鉄色で頑張っていますよ!
スーパーのあなご寿司もなかなか旨いですよ!井原鉄道はJRキハ120と同じような車両でした。
キハ120の実力では力不足である高規格線路の井原鉄道。沿線は田園風景が繰り広げられ、その中を小さな気動車が高架線を行きます。
懐かしいマリンライナー
井原鉄道332Dは清音に15;56に到着し伯備線の列車に乗換えて岡山に行きます。清音から乗った854Mは昔にマリンライナーで使われた213系電車でした。この電車は車内が明るいホワイトで纏めている車両なので好きな電車です。この電車を岡山で乗換え加古川駅には18:22に帰ってきました。今回の旅で近畿エリアより西の旧国鉄線を全線乗車することができました。
岡山駅に到着した854M
田んぼの中を飛ぶ気動車
鉄道旅行紀 TOP