初 秋 の 北 陸 旅 行
2006年夏に買った青春18きっぷがまだ2日分残っているので北陸に行くことにした。能登半島と今年で廃止が決定している神岡鉄道を巡る1泊2日の旅です。
秋の気配
2006年9月2日(土)二日酔いの状態で加古川駅に向う。しかし金曜日は調子にのって居酒屋をハシゴしてしまった。翌日の朝が早いのであればまっすぐ帰ればいいものを、飲みすぎてしまうとはまったくもってマヌケである。5:57発の列車に乗り北陸本線の起点米原駅を目指す車窓には秋らしい高い空が広がっていました。暑い夏も終わりのようです。
清々しい秋空が広がり絶好の旅行日和です。
大阪駅で7:17発の新快速に乗換えます。この列車は京都を過ぎる頃から徐々に混み始め、かなりの立ち客がいる状態で米原に到着しました。この客はたぶん名古屋方面の列車に乗り継ぐのだろうなと思っていたのですが、なんと大半が北陸本線の列車に乗り換えるではありませんか!おいおい冗談やろ、新快速が8両編成で満員状態やのに、次に乗る北陸本線の敦賀行は3両やで。イヤな予感は冗談ではありませんでした。敦賀行137Mは通勤電車並みの混雑で8:51に米原駅を出発しました。もちろん座ることなど論外です。しかも敦賀駅で乗り継ぐ列車にこの乗客の殆どが乗換えたため、結局福井駅まで立つはめになりました。湖東の美しい景色を見てのんびり北陸を目指すなど甘い考えでしたね。そして敦賀駅より乗車した235Mは定刻12:12に金沢へ到着です。
通勤電車並みの混雑
金沢駅に到着した235M。
金沢駅から七尾線の列車に乗換え能登半島を北上します。昔の七尾線は非電化路線でディーゼルカーが走っていましたが現在は電化されており、金沢駅12:28発の843Mはもちろん電車です。知らなかったのですが派手な色使いのこの電車は津幡駅を過ぎると交流から直流への電源切替を行うんですね。七尾線は直流電化だったんです。昼間なので車内灯が消えるデッドセクションでも注意しておかないと気付かないです。
電化された七尾線
金沢駅に停車中の七尾行843M。
七尾駅13:59に到着してここからのと鉄道に乗換えます。国鉄時代は輪島までを七尾線と呼んでいましたが路線の半分をのと鉄道が三セクとして引継ぎ、今では穴水までしか列車は行きません。ここから先は七尾湾に沿って走るため美しい景色が車窓に広がります。
七尾湾が美しいのと鉄道
七尾駅から乗車するのと鉄道の車両は新しくきれいな車両で女性の運転士さんでした。
のと鉄道の車窓は七尾湾とそこに浮かぶ能登島が美しいです。
のと鉄道の駅には国鉄時代から使われている駅名標が残っており懐かしさを感じさせてくれます。JRの各駅はその駅名と前後の駅名のみを書いたものに替わりましたが、私はこののと鉄道に残る住所を書いた白い駅名標が好きですね。この住所を見て遠くに来たなと実感するもんです。
国鉄の面影
いいですね、この白い駅名票。能登鹿島駅は春の桜が満開になる季節に来てみたい駅ですね。穴水駅のホーロー駅名標もいい味を出しています。
穴水駅から折り返し15:14発の列車に乗り北陸本線へ乗り換える津幡駅まで戻ります。時刻表では七尾駅16:00発856Mが津幡駅着17:11、津幡駅から乗り換える北陸本線447Mが17:11発で乗換時間は0分です。おっと間に合うのかなと思い車掌さんに尋ねたら、856Mは津幡駅17:10着で447Mは17:12発とのことです。どうやら秒数により時刻表上は同一時分の表示となったようですね。実際には余裕で乗換ができました。津幡駅より氷見線乗換の高岡駅までは25分で到着します。
絶妙な乗り継ぎで氷見線へ
高岡駅に到着した447M。
高岡駅より18:03発547Dに乗車して氷見線氷見駅に向います。この時間でしたらまだ日没前ですので富山湾雨晴海岸を見ることができそうです。列車はワインレッドのキハ47でしばらくは工場地帯の中を走りますが、越中国分駅を過ぎると右手に富山湾が広がってきます。波打ち際を走る列車は18:33に終点氷見駅に着きました。
日暮れの富山湾を見て
高岡駅で発車を待つ氷見行き547D。
雨晴海岸に沿って走る氷見線の車窓。
氷見線を折り返して今度は高岡駅19:25発347Dで城端線に乗ります。日はすでに暮れて辺りは暗くなっています。遅い時間のローカル線はどこもそうなんですが、最初はそこそこいた乗客が一駅ごとに下車していき終着駅では数名しかいないという寂しい雰囲気になります。この城端線もそうでした。折り返し列車はやはり私しか乗客がいなく、それをいいことに列車の窓を開けたところわーっと虫が入ってきました。
夜更けの城端線へ
城端線の終着城端駅には立派なホーロー製の駅名標が掲げてありました。
再び高岡駅に戻り21:38発461Mで富山に向います。おーっとなんとこの461Mは国鉄色の475系電車ではありませんか!とても懐かしい色の電車に驚きました。やはり国鉄色は落着きがあっていいですね。この電車に揺られて富山駅21:56に着きました。今日は富山マンテンホテルに投宿です。
出ました国鉄色!
富山駅に到着した国鉄色475系電車、大目玉がぼんやり灯るところなど原型をよく留めています。
9月3日へ