上信越雪見列車の旅
冬の青春18きっぷが売り出されましたので迷わず購入しました。今回は新潟に残る未乗線区を乗りに行く旅です。越後線と弥彦線そして信越本線の一部を乗ることで3線区完乗を目指します。今年は暖冬のようですが出発の日は今季一番の寒波が日本列島を覆うとのことで雪景色が期待できそうです。
2006年12月18日
加古川5:21⇒大阪6:31 704M
 大阪6:38⇒米原8:00 3400M新快速 
冬至が近いため当然ではありますがまだ真っ暗です。いつもの始発電車に乗って出発します。大阪で乗換えた新快速は早朝の電車にも関わらず終点米原まで立ち客がいるほど混雑していました。
米原8:05⇒ 大垣8:37 200F
大垣8:42⇒名古屋9:13 2516F快速
米原を発車した電車からは、しばらくすると左手に伊吹山が見えてきます。この寒波で薄っすらと雪が積もっていました。大きな山は見応えがありますね。
米原から大垣まで乗車した電車はJR東海の311系電車です。
名古屋9:30⇒中津川10:33 1701Mセントラルライナー1号
名古屋から乗車するセントラルライナーは313系電車の8500番台です。この顔はなんかロボットみたいな雰囲気がありますね。
知らなかったのですが、このセントラルライナーはなんと乗車整理券310円が必要だったんですね。したがって車内は普通の313系よりもシートは豪華で枕カバーも着いています。
中津川10:47⇒木曽福島11:23 1007Mしなの7号
中津川から先の接続が見事に悪くまたしても掟破りの特急乗車です。制御振子の373系「ワイドビューしなの」で木曽福島まで行きます。この電車は結構なカーブでも速度を落とさず怖いぐらいのスピードで走り、車窓から木曽川の美しい風景が飛ぶように流れていきます。景勝地で知られる寝覚の床も見られました。
木曽福島11:28⇒松本12:27 829M
松本駅
中津川駅
名古屋駅
大垣駅
木曽福島で特急を下車して途中で追い抜いた普通列車の松本行きに乗換えます。やっぱり特急は早いですね。
松本駅では次の列車の発車時刻まで時間がありますので駅前に出て昼飯とします。ふと目に留まったそば屋に入って写真の穂高そば(¥1100)を注文しました。野沢菜と大根おろしがのった冷たいそばは旨かったです。
松本13:16⇒長野14:35 435M
松本から篠ノ井線の電車で長野に向います。この篠ノ井線は途中にスイッチバック形式の姨捨駅があり、電車は水平部に設けられたホームに停車したあと、引上げ線までバックして再び本線に戻るという手の掛かる運転を行います。鉄道ファンであれば楽しい限りです。そしてこの駅から見える雄大な景色は辰野盆地で遠くに千曲川の流れが見えています。
長野15:17⇒新井16:23 3327M 妙高7号
長野から乗車する「妙高7号」は各駅停車にも関わらず愛称名付きで車両は特急用の189系電車です。青春18きっぷで特急用車両に乗れるお値打ち列車ですね。
辰野盆地を行く電車から新潟方面を見ると厚い雪雲に覆われた山並みがあります。雪が降ってきそうですね。
長野駅
さすが豪雪地帯ですね!関山駅では30Cmぐらい雪が積もっていますよ。列車は雪煙を巻き上げながら新井駅を目指します。車窓から眺める雪景色は最高です。
新井17:06⇒東三条18:52 3375M くびき野5号
新井駅
新井駅まで来ると積雪も少なくなりました。ここからは快速「くびき野」に乗換えます。これまた特急用車両の485系電車が使用されている豪華快速で、嬉しくなって思わず地ビール「エチゴビール」を買ってしまいました!
東三条19:19⇒吉田19:38 246M
 吉田19:59⇒弥彦20:06 280M
 弥彦20:27⇒吉田20:35 251M
 吉田20:49⇒新潟21:38 173M 
日の暮れた東三条駅から弥彦線に初乗車です。新潟カラーの115系電車で終点の弥彦に向います。
吉田駅
終点の弥彦駅は神社風の造りで立派な駅舎です。しかし人影がなく寂しい雰囲気です。そしてやはり折返しの列車に乗っているのは私一人だけです。その後、吉田駅で新潟経由の長岡行に乗換え新潟には21時38分に到着しました。本日は新潟ワシントンホテルに宿泊です。
12月19日へ