龍 神 温 泉 へ の 旅
日本三美人の湯として知られる龍神温泉は和歌山県の山深いところにあり、秘境の温泉郷という趣が感じられます。当然、公共交通機関で行くにはそれ相応の時間を覚悟しなければなりませんが、噂の名湯を堪能したく青春18きっぷとバスを使って行ってきました。
2006年12月29日、仕事納は昨日で今日から正月休みです。やはり昨日は飲み過ぎて二日酔いの状態で駅に向います。そのふしだらな体にムチを打つかのように小雪が舞っており寒いです。
和歌山駅8:37発の御坊行普通電車に乗り込みます。クハが瀬戸内色とモハが湘南色の113系電車4両編成です。二日酔いのわりには腹が減っており紀州名物「めはり寿し」を買い込んで食べます。高菜の葉でごはんを巻いたもので旨いですね。
御坊で紀伊田辺行の電車に乗換えます。スカイブルーが鮮やかな電車は先ほど和歌山から乗った電車と同じ113系ですが、どう見たって同じ電車には見えないですよね。ワンマン運転なので2両目の車両はほとんどの駅でドアは開かず、寒い日にはありがたいです。車窓には太平洋が見えていますが、あいにくの天気で青い海でないのが残念です。
電車は紀伊田辺駅10:30に到着しました。ここから龍神バスに乗換え、駅前を11:25に出発して龍神温泉には12:42に着きます。バスに乗る前に駅前で温泉クーポン¥2000を購入しておきます。これは往復バス乗車券と温泉入浴券がセットになったもので、バス運賃往復¥3400と入浴料¥600からすると破格のクーポン券です。このお得なクーポン券を発売している龍神自動車(株)は本当にエライです。
うひゃー雪が降ってきたで!とても和歌山県とは思えない景色が車窓に広がります。バスは乗客3人を乗せてひたすら温泉を目指します。だんだん雪の量が多くなり楽しくなってきましたよ。
定刻にバスは雪の舞う龍神温泉に到着しました。バス停からほど近いところに公衆浴場の元湯があります。この温泉は泉質がナトリウム炭酸水素塩泉で湯の肌触りがヌルヌルする泉質です。これが日本三美人の湯と言われる由ですね。湯船からは湯が溢れるところから源泉掛け流しの温泉で、露天風呂もあり雪見風呂でのんびりしていると幸せな気分になりました。時間をかけて来たかいがありましたね。
龍神温泉は日高川に沿った小さな温泉です。川沿いに元湯を含めて温泉旅館が数件立並んでいます。古風な木造旅館もあり秘境温泉の雰囲気は抜群ですね。
帰りのバスがやって来ました。龍神温泉を15:35に出発して紀伊田辺駅に向います。やっぱり温泉はイイですね!心も体もホットになりましたよ。紀伊田辺駅から17:17の電車で加古川まで帰ります。
鉄道旅行紀 TOP