明知鉄道乗車記
冬の青春18きっぷが1日分余っていますので岐阜県にある明知鉄道を訪れました。旧国鉄明知線を第三セクター化した鉄道で、1日に13往復の列車が走る25.1kmのローカル鉄道です。今回は寝台特急「日本海」の写真を撮ってからの旅となります。
和歌山駅6時10分発の電車で湖西線の和邇駅に向います。明智鉄道に乗るだけでは時間が余るので、それならば久しぶりに寝台特急「日本海」の写真を撮ろうと思ったわけです。この117系電車は昔の新快速に使われていた車両ですね。鼻筋のとおった非貫通型のマスクに4連のライトとワイパーは今見てもカッコよく古さを感じさせません。
「日本海」の写真を撮ったあとは再び東海道本線山科駅まで戻って米原乗換えで名古屋に向います。今日は天気も良く車窓からは見事な伊吹山が見えてきました。美しいですね。
名古屋駅で途中下車して昼飯にします。やっぱり名古屋と言えばみそかつですよね。駅の地下にある「矢場とん」という店を見つけました。しかし行列が・・・。並んでまで飯を食わない性格ですが珍しく並びました。しかし一人なのでじきに店へ入れました。「わらじとんかつ定食」¥1680を注文すると出ました!みそだれが濃厚にかかったとんかつが。甘いみそだれですが以外にも白飯と良く合うのには驚きです。
腹もよくなって中央本線の列車に乗り明知鉄道乗換え駅の恵那に向います。明知鉄道の車両はディーゼルカーで形式は「アケチ14」とふざけたような形式が与えられています。また残念ながら車内はロングシートであり旅情をあじわうような雰囲気はみじんもありません。
明知鉄道の車両はイマイチですが明智まで買ったきっぷが素晴らしいのです。なんと硬券ですよ!それも鋳鉄製のハサミで入鋏までしてくれました。自動改札が普及している時代に人が売って人が改札するという昔ながらのスタイルに感動ですね。
途中の岩村駅は唯一の交換設備がある駅です。ここで上下列車が交換するようダイヤが組まれています。踏切通路で左右対称に配置されているホームはタブレット時代の名残りですね。
明知鉄道は結構な勾配路線なんですね。国鉄時代にはやはり2エンジン搭載のキハ52が活躍していたそうです。列車は登り下りを繰返して約50分で終点明知駅に到着します。
レトロな雰囲気の漂う明知駅のきっぷうりばです。木製の窓枠に丸い穴のあいた通話口、そして大理石のきっぷ料金受渡し台など全てが開業当初のままです。駅員さんが大事にしているのが良く分かりますね。
明知鉄道を完乗したことで残すは関東、東北、北海道に20線区少しとなりました。もう青春18きっぷで乗りつぶすには無理な線区ばかりで、これからは旅行費用のかかる旅となりそうです。
帰りも同じ車両で恵那駅に向います。帰りは高校生たちで賑わいをみせた明知鉄道ですが、車両の床に座り込む高校生は現代と同じでした。

鉄道旅行紀 TOP