夜行鈍行「山陰」
826列車「山陰」京都行が国府駅に停車して、下り急行「だいせん」と交換する。但馬地方は秋になると夜霧に包まれることで有名であるが、オハネフ12の赤い尾灯とデッキの白熱球が、それにより幻想的な光景となった。やがてDD51とカヤ21のエンジン音を響かせて、1番線を「だいせん」が通過すると再びスチームの漏れる音だけの静寂がもどった。そして、静かに「山陰」は発車して行った。
こちらは829列車「山陰」、客車は12系化されたが愛称つき鈍行列車に変わりはなく、寝台車も1両健在だった。
鈍行ながら寝台車にはサボが取付けられていた。
豊岡駅に停車中の下り「山陰」
長年にわたる活躍で相当にくたびれているボディに、京都行のホーローサボが差込まれている。
人気のない国府駅に停車中の下り「山陰」。夜行鈍行は快速運転中の深夜に無人駅を通過するのが基本だが、上り「だいせん」と交換するため、この小さな駅に停車していた。
オハネフ12の出入り口。白熱球の灯りがとてもやさしく夜汽車の旅を演出している。