うひゃー!凄い煙を噴き上げてSLが長門峡駅を発車しましたよ。この有名撮影地を訪れるのは初めてなんですが、順光である東サイドで狙うか逆光となるこちらのサイドで狙うかずいぶん迷ったんですね。風向きを読んでもイマイチ分からなかったので、結局のところススキがきれいな逆光サイドを選択。これが吉と出て客車に煙は被りませんでした。しかし背景を全て消し去るほどの煙幕にSLの力強さと魅力をあらためて感じる1枚となりました。
山口線 長門峡〜渡川 9521レ  2009.9.21
蒸 気 機 関 車
♪汽車汽車シュッポシュッポ♪来ましたよ!いい煙が出てますよ〜。あーっ!!なんでこうなるのよ。補機のC56はおろか客車も半分以上は煙幕に包まれてしまいました。もう完敗状態であります。でも本務機のC57が発した汽笛に続いて補機のC56が応える汽笛のやりとりはもう最高ですね!
山口線 船平山〜津和野 9522レ  2009.8.1
「SLやまぐち号」が復活して30周年ということで記念列車が走った。復活当時を再現した12系オリジナル客車での運転であり、沿線は昨年の「サロンカーなにわ」と同じくらいの賑わいです。通過2時間前に到着したものの徳佐のカーブはすでに黒山の人だかり状態であります。遠くから汽笛とシュッシュッという音が聞こえ汽車が来ました!煙の流れる按配がイマイチで写真としては愚作となってしまいましたがやっぱりSLには感動しますね!
山口線 徳佐〜船平山 9521レ  2009.8.1
津和野を発車する汽笛が響き、重連の機関車が峠を登って来ます。SLとは生きた機関車なんですね!いまさら言う事でもないのですが、カッコいいと言うより感動ですよ。なんか涙が出てきそうなぐらいです。そして走り去った列車の跡に残る煙の匂いがとても心地よく感じられました。
山口線 船平山〜津和野 9522レ  2008.8.1
新山口からやって来たSLやまぐち号は地福駅で小休止する。やがて長い汽笛とともに煙が噴き上がりゆっくりと客車を引き出す。あやーっ!風向きが悪くて煙が客車に被ったがな!事前学習でSLの写真は煙が大事であることは知っていたがこれだけはどうしようもない。
山口線 地福〜鍋倉 9521レ  2008.8.1
うわーっ!どえらい雨が降ってきたがな。ついさっきまで晴れとったのに・・・。そしてカマは画面カツカツで煙は左に流れてとイイとこなしです。いやはやSLの写真は難しいということがよーく分かりました。
山口線 徳佐〜船平山 9521レ  2008.9.1
よーく考えたら「SLやまぐち号」のオリジナル客車での運転を撮影したのはこれが初めてです。今まで「なにわ」「青12系」「ゆうゆうサロン」とイベント列車ばかりを狙っており、正真正銘のSLファンでないことが露呈しました。そして今日も本命はというと「赤ホキ」の最終運転であり、この「SLやまぐち号」はその帰りに立ち寄ったという感じです。でもやっぱりあの汽笛とドラフト音を聞くと体がゾクゾクしますね
山口線 長門峡〜渡川 9521レ  2009.10.18
陽が射さなくなった暗い谷からドラフト音が聞こえてきた。そしてカーブを驀進してくる貴婦人を晩秋の陽射しがいきなり照らし出す。その瞬間、光り輝く黒鉄から噴き上がる真っ白な煙がファインダーに大きく広がった。今まで写真を撮ってこんなに興奮したことがあるだろうか?素晴らしいとしか言いようがない光景であった。実は「SLやまぐち号」が通過する数分前まで曇っていたのが、奇跡的にも晴れてきたのである。この白井の里で撮っていた他の人たちもきっと満足する結果となったに違いない。いやーっ!終わりよければ全てよしと言うが、今シーズンの山口はいい年でありました
山口線 船平山〜津和野 9522レ  2009.11.21
この三連休をもって「SLやまぐち号」の運転が終了となる。回数を重ねて来れる距離ではないため片手で数えるほどしか写真を撮ることが出来なかったが、それでもSLの魅力に引き込まれていったシーズンだったように思う。さて今シーズン最後となる「SLやまぐち号」であるが、今日も前と同じく長門峡駅下り方で一発目を撮ることにした。やがて長い汽笛が響き渡り、SLが長門峡駅を発車する。しかしいつもと様子が違うのだ。それは煙の色が真っ白なのである。よって曇り空と同化して煙が殆ど判らない状況となり「あちゃー」の結果となった。うーんっ、またひとつSLの写真を勉強できた感じである
山口線 長門峡〜渡川 9521レ  2009.11.21
去年の「なにわ」に引き続き今年は「ゆうゆうサロン岡山」がSLに牽かれて山口線を走りました。さすがに白井のカーブではイイ感じの写真が撮れますね。煙も按配よく山に沿って後方へと流れていきます。今度は紅葉の時期にこの「SLやまぐち号」撮影してみたいものです。
山口線 船平山〜津和野 9522レ  2009.9.21
今シーズンの「SLやまぐち号」であるが本務機となるC57のボイラ修理が長引いており、当面はC56による運転となっている。そして特筆すべき事はDD51の補機がつくことである。SLファンからすると客車を減らしてSLのみの牽引にしてもらいたいところであろうが、DD51も好きな私はこれはこれでいいと思う。よってしっかりと凸も写る構図で狙うのです。
山口線 徳佐〜船平山 9521レ  2010.4.29
ちょっと寄り道 温泉情報 願成就温泉
新緑の季節を迎えた白井の里にドラフト音が響きわたります。でもそれ以上に響きわたるDML61Zの唸りに感動しました。SLが好きな人から「アホか!」と言われそうですが、これが正直な感想なんです。C56とDD51もバッチリ決まりましたね。なんかこのコメントだとディーゼル機関車のページに掲載した方がいいかもしれません。
山口線 船平山〜津和野 9522レ  2010.4.29
♪汽車汽車シュッポシュッポ♪来ましたよ!いい煙が出てますよ〜。あーっ!!なんでこうなるのよ。補機のC56はおろか客車も半分以上は煙幕に包まれてしまいました。もう完敗状態であります。でも本務機のC57が発した汽笛に続いて補機のC56が応える汽笛のやりとりはもう最高ですね!
山口線 船平山〜津和野 9522レ  2009.8.1

今シーズンはまだ一度も煙を見ていなかった。そしてこういったイベントだけに出没するということは「SLにわかファン」ということを証明しているようなものである。魅力的な被写体であることに間違いないが、そう頻繁にやって来れる距離でもない。だからにわか者が一発勝負に挑むとこういう結果に終ってしまうのであった。汽車が来る前からイヤな風が吹いていたのでなんとなく覚悟はしていたが、見事なまでの煙幕にバンザイお手上げ状態です。これはさすがにヘコみましたね。力なく三脚をしまい足取りも重く撤収するのでありました
山口線 長門峡〜渡川 9521レ  2011.10.9
今年もサロンカーを使用した特別な「やまぐち号」が走る。まずこの三連休で「サロンカーなにわ」、次の週末には「あすか」を用いての運転である。連休後半は天気が良いとの予報であったが、残念ながら会社の運動会が体育の日に予定されていた。運動は定期的にやっているので勘弁して下さいと言いたいが、自分の思い通りにできないところがサラリーマンの悲しいところだ。よって天気がいまいちなのは百も承知で初日の土曜日に山口へと向かった。深夜の中国道は時折り強い雨が降っていたが幸いにも現地に着くころにはやんでいた。天気が悪いので人出は少ないだろうと予測していたが、以外にもまずまずの盛況ぶりである。いつもの通り発車30分前のサイレンが長門峡に鳴り響く。べつに汽車のために鳴らしているのではないだろうが11時30分に鳴るので撮影スタンバイの合図みたいなもんである。そして長門峡駅に到着した汽車からの煙が見えると否応なしに緊張感が高まってくる。定刻11時58分、二発の汽笛が吹鳴され煙が吹き上がる。テンポよくドラフト音が近づいてくるこの瞬間が最も興奮するのである。いや〜SLの躍動感はホンマに素晴らしいな
山口線 長門峡〜渡川 9521レ  2010.10.9
いつものことであるがのんびり余裕かましてやって来た本門前の踏切にアホが入れる余地などあるわけがない。しょうがないので端っこの売れ残りスペースにお邪魔させていただきカメラを構えてみた。線路から少し離れる位置となるためやはり畑の小屋をどう処理するかが問題である。入れるか入れないかで絵の仕上がりが大きく違ってくることは言うまでもない。よしっ、絵の底辺が少々窮屈になるが「写真は引き算」という考えに従って切り捨ててしまおう。構図が決まればあとは津和野の発車を待つばかり、申し分ない天気に気持ちも穏やかになる。15時20分、発車の汽笛が聞こえると黒煙が噴き上がった。それが少しずつこちらへ近づいてくると踏切が鳴り出す。この瞬間がたまらない。貴婦人を本務機にして青い12系が続きポニーが後補機を務める。いやーっ、これは感動もんですな
山口線 船平山〜津和野 9522レ  2011.10.9
北陸本線 田村〜長浜 9243レ  2013.2.3

PF牽引による回送も撮ったんで3号はどうでもええわと思い長浜から電車に乗って帰る。
長浜を発車してしばらくすると沿線でカメラを構えているたくさんの人が見えた。おや?ここら辺は有名な撮影地なのかと思い反対側を見てみるとなんとも美しい伊吹山があるではないか。思わず次の田村で下車してしまった。
どのような構図がいいのだろう?やはり架線柱は入れたくないし伊吹山を強調したい。
ということでこのような絵になったのだ
北陸本線 長浜〜虎姫 9241レ  2013.2.3

久しぶりにSLを見た。
一時は山口にもよく行ったが、熱烈なSLファンではないためここのところ煙には疎遠であった。もちろん「北びわこ号」を撮るのは初めてになる。
虎姫駅から姉川の土手まで歩く。
少しくらい雪が残っていることを期待したがすっかりと解けて無くなっていた。しかし架線下を走るSLを絵にするのは難しい。架線だけならいいが、柱がやっぱり邪魔なのだ。
写真はイマイチの仕上がりだが汽笛と煙の匂いはよかったのでありました
8/1 夜行バスで山口へ
http://uoya-yaoya080320.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-10ce.html
9/2 二本のSL列車
http://uoya-yaoya080320.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-1dfb.html